厨房と祖父母家に学ぶ台所リセット

シンクに食べ終わった食器が山積み…

「片付けるのめんどくさああい」

となりますよね。

料理が楽しくなる、広くて輝くシンクを取り戻したい!

調理補助で努めていた旅館の厨房と、いつもきれいな祖父母の家のルーティンから、台所をすっきりと保つコツを導き出そうと思います。

毎回リセット

これにつきます。

食事が終わったら、少し空いたお皿が出たら、お茶を飲んだら。

とにかくこまめに食器を片付けます。

食洗機があるなら、すぐ食洗機へセット。

なければ、すぐ洗ってシンクの外に出します。

これだけでシンクが空になっていきます。

一区切りついたら、ゴミをまとめて外に出し、シンクもスポンジで洗ってしまいましょう。

作業台は水拭き、コンロ台は洗剤で拭いてきれいにします。

何食分もたまったお皿を1度に大量に片付けるよりも、スモールステップで。

いかにこれができるかが分かれ目となるのだと思います。

めんどうなときは

食器を片付ける気になれない。

そんな時はせめて、食器をシンクまでは持って行き、水をかけておきます。

大きめの入れ物や栓をしたシンクに水を溜めて食器をつけてもいいです。

油ものには洗剤を数滴垂らしておくのも効果的です。

これだけで後で洗う手間が格段に省けます。

こびりついた油汚れやご飯粒が取れやすくなるので、食洗機ならそのまま擦って入れるだけだし、洗剤で洗う時もこすらなくて済むのでとても楽です。

まとめ

台所をきれいに保つコツは、

  • こまめに食器を片付ける
  • こまめにゴミを捨てる
  • こまめに拭く
  • 面倒な時は食器を水につける

ですかね。

習慣化したいです…

このサイトでは Amazon楽天市場Yahoo!ショッピング のアフィリエイトを使用しています。

お問い合わせ: wantan13b@gmail.com